読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日入った新聞広告(チラシ)

その日に入った新聞折り込み広告の種類と数を記録していきます。

ドコモが650円のスマホMONOを発売!月額の通信費は安くなる?

MONO MO-01J

MONOの通信費は最低5500円

(電話1700+ネット300円+データ最小3500)

ドコモのmono

ドコモスマホMONOの通信費は
・カケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン2700円/1700円
isp料金 300円
データパック 2GB最小プラン3500円


端末代 端末購入サポートに加入で650円(未加入時3万円弱)

 

内訳

カケホーダイライトプランカケホーダイプランは2700円と1700円
isp料金300円
データーパックの最小容量が2ギガ3500円
つまり一番安い料金で月額6500円+端末代650円

※端末購入サポートに入ると650円なり端末購入サポートに入らない場合は3万円弱の端末費用がかかる

 

1年以内に解約したりプランを変更したりすると、16000円の違約金がかかる

つまり、650円のMONOの縛りは1年
月額の通信費は最低6500円

1年間に払う額は6500×12ヶ月+650円(機種代)=78650円

結論

スマホ端末代は安いが、通信費は他のドコモスマホと同じなので安くない。端末費が実質0円のかわりに650円になったという感じ
それどころか違約金が9800円でなく16000円なので高いくらい

 

格安スマホと比較して

格安スマホは、機種代が性能の低めのもので1万~普通の性能2万くらいかかるが、

月々の費用が
1000円(フリーテル1GB電話できる)や
1GBで1200円(DMMモバイル電話できる)なのでそれに比べるとかなり高い
機種代は1万5000円と仮定すると、1年で27000円

まとめ

1年間使ったときの通信費用
MONOの1年 78650円
格安スマホ 27000円 
⇒およそ半額になる

2年使ったときの通信費用

MONO    156650円 16万円
格安スマホ 39000円 4万円
⇒およそ25%になる

 

ドコモスマホを安く乗り換える時参考になる

ドコモスマホ乗り換え専門サイト

  ↓  ↓  

格安SIMかけ放題

 


本体のスペックなど

ドコモのMONO


2016年12月に発売されるドコモの新しいスマートフォンMONO

650円のスマホの価格

MONOは12月上旬発売予定画面は小ぶりな4.7インチで防水対応
メモリは2gb
容量は16gb
中国のzteが製造

解像度は1280×720
osはandroid6.0
cpu8コア
カメラは1330万画素
フロントカメラ490万画素

端末購入サポート

端末購入サポートはカケホーダイとデータ通信をセットにした料金プランを12ヶ月以上使う場合に端末代金のかなりの部分をドコモが払ってくれるというサービス

このMONOの場合は3万円のところ650円で購入できると言う、3万円近い割引額です
正しこれには条件があって12ヶ月以上同じ契約をしていないと解約料が16000円かかります

 

ドコモのサイト

www.nttdocomo.co.jp

デリケートゾーンにおい

http://www.aecdt.org

http://www.usedinsanityworkout.com

 

携帯プラン

大容量ユーザーヘビー・ユーザーライトユーザーを値下げ

格安スマホの契約数は1346万件で1年前の38%増

格安スマホに乗り換える人が増える中、顧客流出防止に値段を引き下げ

 

この秋から携帯大手3社audocomosoftbankが値下げプランを発表。

データをたくさん使う人20GBで6000円

ライトプラン通話かけ放題で2200円から1200円にダウン
データプラン真ん中のサイズは据え置き・値引きなし

 

格安スマホ月額料金が2000円程度が主流
ガラケーの料金と保存の変わりがない

 

割引例
ソフトバンクの「ギガモンスター」の場合5G、5000円だったプランを20gbで6000円に
1gbで比較すると7割引

 

 ドコモスマホを安く乗り換える時参考になる

ドコモスマホ乗り換え専門サイト

  ↓  ↓  

格安SIMかけ放題

 

広告を非表示にする